人気ブログランキング |

【200206:木】+++夢を見た+++

【200206:木】+++夢を見た+++_f0327767_13082441.jpg
■□
 早朝の夢だった。
 夢から覚めた時、ぼくの目頭は濡れていた。
 
 父が庭作業をしていた。
 背中をぼくの方に向けて。
 父は息を切らせているように肩を小刻みに
 震わせていた。

 「お父さん、無理せずゆっくりやった方がいいよ」
 とぼくが言うと、父は軽く頷いたような気がした。
 「この小屋、なんとかしなきゃね」

 その時、父の肩がとても小さく狭く感じた。
 
 ぼくは後ろからそっと父の両肩にぼくの手を置いた。
 はっきりと父の骨格と服の生地の感触がぼくの両手に
 伝わって来た。

 そしてぼくは目を覚ました。

 亡くなってから、父に触れる初めての夢だった。

 

 



by ariurune | 2020-02-06 23:59 | 生活の記録 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ariurune.exblog.jp/tb/31045605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。