人気ブログランキング |
【200128:火】+++銭亀さん、ありがとう+++_f0327767_18231232.jpg
■□
 銭亀さんから昨日メールをもらった。
 今日、一緒に覚王山日泰寺に行かないかというお誘いだった。
 朝、銭亀さんに電話して行くことにした。

 12時20分までに日泰寺に着いて、法要のお願いをしないといけない
 とのことだった。
 
 ぼくは検便をクリニックに持って行く用事もあったので、
 銭亀さんと一緒にケトラくんで、クリニックまで行き、
 それから日泰寺へと向かった。

【200128:火】+++銭亀さん、ありがとう+++_f0327767_18234007.jpg

 法要は18人のお坊さんにより、荘厳でとてもいいものだった。
 法要を申し込んだ人は平日だったけれど予想以上に多かった。
 
 帰りに事務所で納骨や永代供養について説明をしてもらった。
 とても良い機会を銭亀さんに作ってもらった。
 ありがとう、銭亀さん。

 お昼は千種のピッコラへ。
 10年ぶりくらいだろうか。
 久しぶりだった。
 ランチはとてもお値打ち。
 美味しかった。

 そして、コーヒーを飲みに
 これまた10年ぶりくらいに
 コットンハウスへ。
 こういう素朴な喫茶店は落ち着く。

【200128:火】+++銭亀さん、ありがとう+++_f0327767_18235666.jpg

 銭亀さんを送ってから、スーパーで
 買い物をして帰った。
 
 さて、夜はフライヤーの裏面を
 作らないとね。
 ってことでとりあえず裏面完成。
 やれやれ。
 あす入稿できるかな。

 
【200128:火】+++銭亀さん、ありがとう+++_f0327767_23044228.png
 


【200127:月】+++フライヤー作り始める+++_f0327767_18103182.png
■□
 やっとフライヤーを作り始める。
 パソコンに向かうのもしんどいね。
 今日は表側だけにしておいた。
 しかも、これはたたき台なので、
 これからもう少し変更を加えることになるかな。

 明日は、裏側をやって明後日には印刷所に
 入稿したい。

 それにしても、2月1日から再開できるのだろうか?
 気分がもう一つ乗り切らない今日この頃。




【200125〜26:土〜日】+++60〜70%かな+++_f0327767_17263506.jpg
■□
 ぼくの体調、絶好調を100%とするなら、
 今は60%から70%ってところかな。
 
 細々としたことをしてるんだけど、
 すぐ疲れてしまっていけない。
 
 それでも、食欲は少しずつ回復。
 お腹すいた〜!って思うことが嬉しい。

 それはそうと、2月の展示会のフライヤーを
 作成しないといけない。

 今夜(1月26日(日))は、御器所の『なんや』で
 松永賢さんのライブがあるので、年末行く予定を
 たててたのだけど、今回はやめておくことにした。
 残念。

 あ、2月は営業時間を午後1時から6時までと
 2時間短縮することにしたよ。
 
【200125〜26:土〜日】+++60〜70%かな+++_f0327767_17265452.jpg


【200124:金】+++最高気温15度くらいの暖かい日だったね+++_f0327767_18362832.jpg
■□
 まだお店再開してないけれど
 今日もお客さんが来た。
 1月の個展を見にきてくれたのだった。
 申し訳ない。
 4月に延期したことを伝えお引き取り願った。
 
 今日は午前11時にケアマネとの3ヶ月に1度の懇談。
 その後すぐに名古屋から友人が来訪予定。
 洋食屋さんでランチを食す。
 もう何でも食べられそう。
 でも、まだ刺身はどうかなぁ。

 入院中からずっと食べたかったミスドをお土産に
 いただいた。
 ココナッツ、ゴールデンチョコレート、
 ダブルチョコ、シナモン、チョコファッション・・・
 ぼくの好きなドーナッツ。
 そのうちのいくつかを美味しくいただいた。
 ちょっと食べ過ぎたくらい。

 宅地の工事は毎日行われてる。
 建売だと思ったら、宅地だけだった。
 土地が売れなきゃ、家も建たない。
 家が建つのはさらにずっと先になるかもなぁ。

 
 


【200123:木】+++ありがとう+++_f0327767_17132149.jpg
■□
 心配かけてるね。
 申し訳ない。
 でもありがとう。
 
 今日は冷たい冬の雨。
 こんな日はなんだか気持ちも湿っぽくなるよね。
 元気付けてもらったよ。
 楽しい時間だった。
 
 タカさんにもらった折りたたみ自転車。
 それを森さんが活用してくれることになった。
 そのために山中君がブレーキワイヤーを整備してくれることに。
 森さんの車に折りたたんだら楽々積むことができた。
 これで森さんと海に行った時、自転車で回れるね。

 最近、タカさんもスマホデビューと思ったら、
 森さんもスマホデビューしてた。
 森さんが指でワイプしてる姿が初々しかったな。
 
 時代の制約にぼくらは逆らうことはできないんだよね。
 便利で不便な世の中。
 便利に慣れると忘れちゃうけど、実は足元に不便という落とし穴が。。。 
 気をつけよう。
 
 あ、そういうぼくもまた近々スマホに復帰するつもりなんだよ。
 入院した時諸々の連絡にガラケーで困ったからね。
 

【200122:水】+++選択肢+++_f0327767_16544896.jpg
■□
 病院に自転車で着いたのは午前8時半前だった。
 それでも、診察券を機械に通して血液検査の場所に行ったら、
 受付78番目だった。
 血液検査の順番を待って採血が終わったのが9時ちょうど。
 外科の外来受診予約は10時だったけれど、
 30分遅れでぼくの診察となった。
 それでもまだ早い方だったんだろうね。

 担当医からは今朝の血液検査の結果でも炎症反応は出てないので
 一応今回の急性虫垂炎による診察は今日で終わることになった。
 
 しかし、
 ぼくには選択肢が提示された。

 一つは再発する可能性があるので、
 炎症がなくなって3ヶ月ほど経った頃に手術すると言う選択肢。

 もう一つはそのまま運任せ。
 1年で再発率30%に入らないことを願うわけだけれど、もし再発したら
 合併症のリスクはあってもそれを承知で手術すると言う選択肢。

 一番手術自体のリスクを減らすには、手術を予約しておいて、その前に
 大腸ガンの検査をして異常がないことを確認してから手術をすると言うこと
 らしい。

 手術は腹腔鏡下手術で、入院期間は手術前日を入れ3泊4日だという。

 そうなるとぼく的には8月がいいのかなぁと思ったりもする。
 今回のようにまたいきなり入院、さらには手術となるのはできれば
 避けたいからね。
 まぁ、ぼちぼち考えることにしようかな。
 結論を急がずにね。
 それにしてもなんかスッキリしないのは、完治というわけではないからだよね。

 ・

 11時に全て終わり、帰り道、銀行と郵便局に寄り、
 さらに古物商の免許のことで警察署に行き更新手続きの説明をしてもらった。
 3月31日までに手続きしないと無効になるので忘れずに更新しないとね。
 そしてその帰り道、スーパーで買い物して帰った。
 受信だけでなくついでにあれこれやったので、かなり疲れてしまった。

 まだまだ本調子からは遠い。
 こんなんでやっていけるのかなぁ・・・とちょっと不安になる。
 そんな日々。
 でも、食欲もだいぶ出てきたよ。
 体重も今朝は79.1kg。
 底値から2kg増えたんだね。

 


【200121:火】+++リハビリ・ライド+++_f0327767_17474026.jpg
■□
 天気良かったので、
 久しぶりに自転車に乗ることにした。
 そして、明日の外来診察のために
 病院まで行ってみた。
 明日は自転車で行こうと思ってるからだ。

 ホームセンターに寄って帰ってきた。
 さすがにちょっと疲れた。
 体力が予想以上に落ちてるのを実感。

 下痢はとりあえずおさまったかな。
 やれやれ。

 
 


【200117〜0120:金〜月】+++4日がすぎた+++_f0327767_18523389.jpg
■□
 4日間がまたたくうちに過ぎた。
 やっと二日前から下痢が終息に向かったような感じ。
 まだ食事をするとお腹がグルグル鳴って、
 時々下痢みたいになるけど、それでも前よりはましに
 なってきたと思う。

 この4日間、基本的には療養しながらも、
 こちょこちょ作業じみたこともしてみるのだけれど、
 集中力と体力が続かない。

 今日は母のかかりつけのクリニックまで歩いて行って
 院外処方で薬を出してもらって。
 やったことはそれだけ。
 あとはご飯の支度と後片付け。

 体重は少しずつ増えている。
 抗生剤の飲み薬も今朝飲んだのが最後の一錠。
 これから日毎に体力が回復していくといいんだけどね。

 そんな生活を送ってます。


【200116:木】+++どこまで減り続けるぼくの体重+++_f0327767_14174527.jpg
■□
 新記録だ。
 体重77.2kg!
 昨日よりまた0.9kg減った。
 
 抗生剤の影響で食べても結局のところ
 下痢してしまうから。
 
 でも、食事をとってから下痢するまでの間隔はあいてきてる。
 例えば、朝ごはんを食べてもお昼前くらいにならないと
 下痢にならない。
 入院中は点滴の抗生剤だったからもっと強いんだろうね、
 食べて1時間経たないくらいで下痢してたから。
 経口で飲んでる抗生剤は朝食後1度飲むだけだしね。
 整腸剤が効いて下痢間隔があくようになったのかどうなのか
 自分のカラダだけどわからないや。

 来週の水曜日に外来受診よ予約がしてある。
 担当医の受診の前に血液検査。
 炎症反応の値を見るためにね。
 おそらくそれで今回の入院に関しての処方は
 終わりだろうね。
 
 ところで、それまでぼくの体重は減り続けるのだろうか?
 ぼくの関心はそこに注がれてる。
 
 ぼくは高校生の時、身長182cmで体重が60kgくらいだった。
 大学生になり成人した頃にやっと70kgを超えたのだった。
 その頃のぼくは太りたかったんだよな。
 いや、太りたいと言うより、もっとがっしりしたかったんだな。

 おそらく80kg台になったのは20代後半に結婚してからのことだったろう。
 最も体重が重い時は腰椎椎間板ヘルニアで入院する前、ぼくが34歳くらいの時
 だったかと思う。
 一時92kgになったことがある。
 その時はプロレスラー崩れみたいな体躯をしてた。
 ぼくを乗せてる自転車やバイクがかわいそうだったくらいに。

 ヘルニアで入院していた整形外科病院から退院した時に久しぶりの70kg台
 に落ちたのだけれど、今日のぼくの方が当時より軽いはずだ。
 つまりぼくの中での新記録。

 果たして底値はどれくらいになるのか?
 楽しみだわん。

 さて、今日もおとなしく布団の中で読書。
 昨夜読み終わった村上春樹「海辺のカフカ」の余韻に浸りながら、
 ピアノ曲をBGMに長田弘の詩を読んでいるよ。

 個人的には村上春樹の「海辺のカフカ」<「世界の終わり・・・」
 これはもう圧倒的差です。
 
 それにいくら贔屓目に見ても、こんな15歳の男の子がいるとは思えない。
 彼の4倍歳とってるぼくの方が感受性も理解力も表現力もタフさも何ひとつ
 彼より優ってることがないではないか。
 嗚呼、情けないわ。
 


【200115:水】+++体重3.8kg減ってた、しんどいわけか+++_f0327767_14484898.jpg
■□
 なかなか寝てられない。
 洗濯物を畳んだりは、全然いいんだけど、
 健康保険の高額医療費限度額適用認定申請書を
 ダウンロードして記入し、プリンターで印刷。
 その前に病院の医療費の係に電話で申請の流れを
 説明してもらうために2度電話し、
 その後健康保険協会の方にも記入の仕方で2度電話。
 そう言うのが疲れるね。
 捺印し封書に入れ、それを午後1時半頃に郵便局まで
 リハビリのため徒歩で行く。
 
 途中のお餅屋さんで赤飯を1個買って、遅いお昼ご飯と
 夕飯用にね。

 郵便局からの帰り道に自動車修理工場に寄って、
 ケトラくんのストップライト付きっぱなしを直してもらった
 修理代を支払う。

【200115:水】+++体重3.8kg減ってた、しんどいわけか+++_f0327767_14491485.jpg

 食欲は正直あまりない。
 食べてもしばらくすると下痢してしまうし。
 それは医師に訊いても、看護師に訊いても
 抗生剤を点滴してるし、退院後は経口で抗生剤の薬を
 飲んでるから仕方ないと言う。
 だから、抗生剤を飲んでる期間(退院後1週間)は
 仕方ないんだろうね。

 1月7日の朝(つまり入院することになった日の、
 まだお腹も痛くなかった朝)に体重を計ったら
 81.9kg。
 年末年始の休業日に1kgほど増えてしまっていたのだけど
 今朝計ったら、78.1kg!
 久しぶりの70kg台なのだけど、入院8日間で3.8kgも
 減ってしまったんだね。
 鍛えて減ったのならいいけど、病気のためではいかんね。
 しんどいなぁと思って歩いてたけど、これも仕方ないね。

 そういえば、今朝寝てたら家が揺れるので地震かと思ったら、
 建売7棟の造成工事がいよいよ始まったのだった。
 大きな重機が元陶器工場の敷地を掘り起こしてる。
 瀬戸では工場跡地はおそらくどこでも同じように
 膨大なガラ(陶器のかけら)が掘り起こされる。
 ぼくのお店のトレードマークになったvousho小僧のようにね。
 今年はお店の前の風景が変わるね。

 *この日記も随時書くことにするね。と言いながら暇なので
  毎日書いてしまうかもしれないけど。。。
  それがいかんのかな、やっぱり。
  シフトダウン、シフトダウン。。。

【200115:水】+++体重3.8kg減ってた、しんどいわけか+++_f0327767_14493463.jpg
 


【200114:火】+++退院の朝、快晴!+++_f0327767_08393775.jpg
■□
 病室のカーテン開けたら、日の出前、しかも快晴。
 気分がいいね。
 ありがたいな。
 雨の中、荷物持って退院するのと比べたら、
 雲泥の差だね。

【200114:火】+++退院の朝、快晴!+++_f0327767_08400409.jpg
【200114:火】+++退院の朝、快晴!+++_f0327767_08403176.jpg


 猿投山からの御来光。
 元旦の朝、チャーリーと海上の森、物見山以来だ。
 それがずっと前のことのようだけど、実はまだちょうど2週間前なんだよね。
 その時、まさか1週間後にぼくが入院するなんて思ってもみなかった。
 しかし、そういうものなんだよね。
 ぼくらはいつだって健康と病気、生と死、背中合わせで生きてる。
 「またね!」って言って、永久に「また」が来ないこともある。
 
 心配、ご迷惑おかけしてすみませんでした。

 お店の方は、もうしばらく休業させていただいて
 一段階シフトを下げて再開しようかなと思っています。
 振り返ってみると、昨年1月から無理して走り続けて来た感があるので
 ちょっとスロウダウンしてみます。
 そう思うと、良い機会になった・・・よね。

 *病院食・・・最後の最後までお粥だったぁ。

【200114:火】+++退院の朝、快晴!+++_f0327767_08413736.jpg

【200113:月/成人の日】+++不安材料+++_f0327767_20220105.jpg
■□
 弱気になってる。
 ワンオペで営業してるから、
 今回のようなことがあると、
 つまりぼくが倒れたら、
 お手上げということ。
 
 喫茶だけならいい。
 休業にすればいいだけのこと。
 でも、ギャラリーの方はそうはいかない。
 迷惑をかけることになる。
 今後、ギャラリーをどうするのか、
 どうしたいのか、考えないといけない。
 そういう意味では、今回の入院は
 ぼくのカフェギャラリーの脆弱点を
 可視化してくれたと言える。

 今は特にぼく自身が弱気になってると
 いうことは自覚してる。
 ここまでこういうことが無かったことは
 いたって幸運なことだった。
 ネガティブではなく、建設的に今後を
 考える良い機会になった・・・はずだね。

 明日、予定通り退院だな。

 ・

【200113:月/成人の日】+++不安材料+++_f0327767_08433793.jpg

 深夜零時前。
 最後の点滴が終わった。
 点滴の針を抜く。
 スッキリした〜。
 やれやれ。
 これで点滴のラック?をいつも
 引きずっていなくて済むし、
 寝る時気にしなくて済む。
 何と言ってもトイレまで行く速度が違うわ!
 しかし、不思議と相棒感がわいてしまってる。
 1週間付き合ってくれてありがとうね。
【200113:月/成人の日】+++不安材料+++_f0327767_08435874.jpg


【200112:日】+++退院の日程+++_f0327767_18470752.jpg
■□
 お昼前、担当医がやってきて
 血液検査の結果が問題なくなってきたので
 連休明けの火曜日に退院ということでいいか
 ということだった。
 
 ちょうど1週間。
 思ったよりも早かったかな。
 まだ退院する時までわからないけど
 この調子でいけばね。

 退院しても1週間くらいは
 療養してゆっくり開店準備をしようと思ってる。
 
 持ってきた本、差し入れされた本を
 全部は読めなくなったな。
 
 昨夜は夜中1時間おきにトイレに起きたので
 睡眠ズタズタ。
 5時半ごろに検温と血圧測定と採血。
 看護師から満月がまだ綺麗に見えるときいて
 廊下の西端に行って眺めた。
 結局、それから眠ることもなく次第に明るくなった
 東の山の稜線をベッドから眺めていたよ。

 今夜は眠れるといいな。
【200112:日】+++退院の日程+++_f0327767_18472851.jpg

【200111:土】+++退院のことも出たけど+++_f0327767_09394832.jpg
■□
 お昼頃、担当医が往診にきてくれて
 感染症のことなど訊いてみた。
 どうやら炎症を起こした虫垂から
 大腸菌が血液中に侵入したようで
 大腸菌用の抗生剤を点滴してるので
 かなり炎症反応も下がったよう。
 医師から「この分なら順調に行けば
 来週の連休後、火曜日くらいに退院
 できるかも」との言葉が。
 
 あまりそれを期待しすぎず待とうと思う。
 入院してちょうど1週間ということだしね。

 入院生活も慣れてきた。
 最近はデイルームという北向きの談話スペース
 に行ったりもしている。
 駐車場やバスターミナルの新築工事が佳境を
 迎えていて、工事用重機が何台も忙しそうに
 動いてる。

 食事の方も味気ない重湯から解放され
 全粥になっている。
 重湯と比べたら、味があるだけどのおかずも
 美味しく感じられる。
 きっと、娑婆に出たら、とても美味しいとは言えない
 味付けなんだろうけど、今のぼくにはこれでも
 十分ありがたいや。

 早くドーナッツ齧りながらコーヒー飲みたいなぁ。
 
 
【200111:土】+++退院のことも出たけど+++_f0327767_08125823.jpg

【200110:金】+++読書三昧+++_f0327767_21104329.jpg
■□
 読書三昧の贅沢な生活はそれなりにいいのだけど、
 昨日から変えた抗生剤の効果がまだ出てない気がする。
 というのは朝起きた時からなんだか胃腸が気持ち悪いからだ。

 看護師が朝6時頃に吐き気どめの薬を点滴に追加してくれて
 しばらくして気持ち悪さは収まった。
 だから、昨日よりは朝の重湯は少しだけ味わって食べる、
 いや、飲むことができたかな。

 なるべく軽い読み物ということで、村上春樹の『村上ラヂオ』
 1〜3をまずは読んでるのだけど、こういう暇つぶしには
 最適の読み物なのだ・・・が・・・、いかんせん、料理の
 話題が多いのだ。
 
 例えば、アボガドときゅうりと玉葱に生姜を加えたシンプルな
 サラダとか、想像しただけでたまらない。そこに醤油と酢と
 オリーブオイルでドレッシングにするのかなぁ・・・なんて
 考えてるとお腹がなる。

 ダンキンドーナッツでなくていいから、ミスドのドーナッツで
 しかもホームカットのようなシンプルなものでいいから、
 早くコーヒーと一緒に食べたくて、お腹が鳴った。

 そんな感じでベッドにいます。

【200110:金】+++読書三昧+++_f0327767_21111591.jpg

【20109:木】+++う〜ん+++_f0327767_20561516.jpg
■□
 待ちに待った食事だけど、
 重湯200ccと牛乳200ccとお茶。
 悲しい。
 お腹ぐるぐる。

 それに痛みはなくなって来たけれど
 膨満感と張りと違和感が下腹部に相変わらず。
 
 そしたら午前、3名の若いスタッフがきて、
 「私たちは感染症チームの者です」と挨拶にきた。
 今朝の血液検査で大腸菌の感染症が見つかったので
 抗生剤を変えるとのこと。
 あまりにいきなりだったので、ぼくは
 「あ、そうですか・・・」としか言えず、
 あとで、「え?ってことは、これから何か別メニュー
 みたいなことがあるんですか?」とも何ひとつ質問
 できなかった。
 仕方ないのであとで自分で「感染症 大腸菌」で
 グーグルで検索してみた。
 それでもよくわからないし、今回の急性虫垂炎とどういう
 絡みでそうなったのか、想定される理由とか今後の保存療法に
 何か変更があるのかを担当医に訊くしかないと諦めた。

 しかも、胃腸が動かない感じがして、食べたあとお腹が張って
 やはり下痢。
 
 う〜ん、スッキリしたいね。
 


【200108:水】+++病室が変わった+++_f0327767_13373305.jpg
■□
 救急センターの病室から7Fの外科病棟に移動した。
 ここは4人部屋。
 でも入ってるのはぼくを含めて3人。
 南側の窓側で景色が結構いい。

 痛みもほぼ無くなったので、
 午前中はうたた寝をしてた。
 午後の面会時間になった時
 家人が来たり、本を読んだりで過ごした。
 
 そして長い夜になった。
 午前1時頃まで眠れず、本を読んだり、
 寝ようと横になったりを繰り返した。
 
 そんなこんなで二日目の夜がすぎていったよ。

 <教訓>
 入院中は読み物が必要。
 それも、肩の力を抜いて読めるもの。
 ぼくは村上春樹のエッセイ集を
 持って来たけれど、これは正解だったな。
 それとお見舞いの品としても、そういうのがいいなと
 思ったよ。
 


【200107:火】+++まさかの緊急入院+++_f0327767_22143660.gif

■□
まさかの緊急入院となった。
お昼前からお腹が痛くなってた。
ケトラくんを運転して栄から帰ってくるとき、腰までいたくなっていた。
でも、買い出しをするために、タチヤと、バローに寄り、ケトラくんのストップランプが点きっぱなしのため、車の修理工場に持っていき、雨の中傘をさしてお店に戻ったんだ。
その頃から、痛みがまた少しひどくなったかもしれない。
痛みと吐き気。
午後四時過ぎにいつものクリニックで受診。炎症反応の値が高いことから、虫垂炎の疑い。
瀬戸市の総合病院に紹介状を書いてもらい、救急外来に。
点滴が始まり、CTを撮影。
午後7時過ぎに、寒気がでて、身体が震え、歯がガチガチ。毛布を2枚かけても寒くて震え続けた。
発熱は、39度台に。
それがおさまってきてから
ERの病室で眠ることに。

急性虫垂炎。
すぐに手術かとおもったら、
最近はそうじゃないようだ。
抗生剤を投与して、炎症反応を
抑えることが主流のよう。
ぼくも、1週間くらい抗生剤を
点滴して、炎症反応を抑えることに。

しかし、不安なのは、1年で再発率が30%ということ。
再発したら、手術を勧めると主治医は言っていた。

なんだかモヤモヤするなぁ。


【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_18282529.jpg
■□
 タカさんに言われた。
 「ジュンさん、年始からとても活動的ですよね」と。
 そう言われると本当にそうだ。
 初日の出を物見山へチャーリーと行ったり、
 森さんと山中君と一緒に3日に師崎行ったり、
 5日は陶芸体験したりと、あれやこれやの日々だった。
 
 そして、今日はタカさんとパルティーセと内の
 うどん屋さんで一緒にお昼ご飯に
 素うどんの大盛り(タカさんはカレーうどんの並盛)を
 食べた後、雲興寺にタカさんの軽トラで向かった。

 
【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_18284025.jpg

 お寺の駐車場に停めて、ぼくらは歩いて森へ向かった。
 今日も管理人さんしか居なかった。
 静かな静かなキャンプ地だった。

 
【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_18290432.jpg
【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_18292672.jpg


 奥のキャンプ場に行くと、そこから雲興寺へ向かう
 山道があった。
 ぼくらは迷わずその登り道をのぼり始めた。
 急な登りがずっと続いた。
 乳酸が下肢にたまるのがわかった。
 心臓も苦しく、息も上がった。
 一体何段丸太の階段が続くのだろう。

【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_18294618.jpg

 やっと頂上に出て、それからは雲興寺目指して
 下りが続いた。
 約20分の山道だった。
 時間的には短いけれど、ハードな山道だった。

 
【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_18301119.jpg

 雲興寺で初詣した。
 何も願わず、無心に手を合わした。

 今日も好日だった。
 タカさんといっぱい話せたし、
 いい汗かいた。
 いつもありがとう、タカさん!

 *<追記>下の写真は、タカさんが撮ってインスタに載せてくれた写真です。

 
【200106:月】+++タカさんと山道歩く+++_f0327767_00242824.jpg





【200105:日】+++陶芸体験+++_f0327767_20232062.jpg
■□
 午前10時から陶芸体験の予約をしてたんだ。
 新世紀工芸館の3Fの体験工房でね。
 
 2時間はまさに一瞬で過ぎ去った。
 今日はどういうものを作るか全く考えてなくて
 どうなるかと思ったら、勝手に手が動いて
 髭天使を作っていた。
 
 釉薬は白マットを選択。
 もしかすると黒マットを購入してくれるかも
 しれないというけど期待はしてない。

 集中したのでその後急速にお腹が空いた。
 話題になってるトランシルバニア料理店へ
 行き、その帰りにサイフォン式のコーヒーを
 出してくれる老舗喫茶店にも初めて入った。
 
 近場で充実した時間を過ごしたね。

 
【200105:日】+++陶芸体験+++_f0327767_20234003.jpg


【200104:土】+++丹羽くん以外にも・・・+++_f0327767_20472200.jpg
■□
 今日は丹羽くんと午後お店で約束。
 丹羽くんと話してると、そこへサイクリングクラブ「ハズキ」の
 岩本さんがお店がオープンしてると思ってやってきてくれた。

 そしてまたしばらくすると今度はお店の電話。
 今日営業してるかどうかの問い合わせ。
 「9日からの営業となります。またよろしくお願いします」

 またしばらくしたら、今度は大川さんがやってきた。
 駐車場にお客の車があったからやってると思ったそうだ。

 ありがたいこと。
 これなら今日から営業してもよかったかなぁ・・・。
 いやいや、やはり休まないとね。

【200104:土】+++丹羽くん以外にも・・・+++_f0327767_20481671.jpg

 


【200102-03:木-金】+++1月3日海へ+++_f0327767_12320829.jpg
■□
 1月2日はお昼近くまで寝てたんだ。
 正確には布団の中で横になってた。
 出たくなくてね。
 DVDでアルモドバルの映画『トーク・トゥー・ハー』を
 久しぶりに見たりしてた。
 そのため、あっという間に午後になり、
 あっという間に夜になり、
 なんか虚しく1日が過ぎてしまった。
 でも、テレビは見てない。
 こういうのもたまにはいいよね。

 ・

【200102-03:木-金】+++1月3日海へ+++_f0327767_12323657.jpg

 1月3日は森さんと山中くんと一緒に海へ行くことに。
 いつもの大野の海から内海、そして師崎方面へ。

 まずは平和公園に集合。
 あとで知ったけれど、ぼくが平和公園にケトラくんで向かう途中
 銭亀さんとすれ違っていたんだ。
 ぼくは気づかなくて残念だった。

 森さんの車に乗って3人でまずは大野へ。
 最初曇っていたけど、天気は回復。
 風もなくて気持ちよかった。

【200102-03:木-金】+++1月3日海へ+++_f0327767_12332181.jpg

 師崎では20年ぶりに行く魚貝料理店「丸誠」へ。
 釣り船料理店は元の店舗の反対側に綺麗なお店ができてて
 様変わりしてた。
 とても混んでいて、ぼくらは1時間半ほど待ち時間があったので
 師崎漁港を散策した。

【200102-03:木-金】+++1月3日海へ+++_f0327767_12330975.jpg
 
 その後携帯にお店から電話が入り、ぼくらはお腹をすかせて
 お店に向かった。
 森さんも山中くんも料理が気に入ってくれたようでよかった。

 森さんオススメの「魚太郎」へも行き、魚の開きや、岩のりなどを
 お土産に買った。ここも多くの人で混んでいたね。

 再び内海側に戻り、行きと同じく産業道路で帰ってきた。
 平和公園に着いたのは午後6時半頃だった。


【200102-03:木-金】+++1月3日海へ+++_f0327767_12342578.jpg

 夕方は風が吹き始め寒かったけれど、とても良い1日だった。
 森さん、運転お疲れさま!
 山中くん、栃の実もちのお土産ありがとうね!


【200102-03:木-金】+++1月3日海へ+++_f0327767_12335084.jpg

 
 


【200101:水】+++2020年元旦、物見山へ+++_f0327767_20503311.jpg
■□
 年が明けましたね。
 天気が良くてよかった。
 どうかまた今年もよろしくお願いします。

 さて、ぼくはというと、
 チャーリーと二人で海上の森の物見山へ御来光を眺めに行ったんだ。
 深夜2時過ぎに寝て、早朝5時に目覚まし時計で起き、準備。
 チャーリーは約束通り6時に到着。
 途中のコンビニで飲料水とおにぎりを買って海上の森駐車場に向かったよ。
 ぼくのケトラくんでね。
 まだ暗かった。

【200101:水】+++2020年元旦、物見山へ+++_f0327767_20590211.jpg

 歩き始めたのは午前6時25分頃だった。
 空は少し明るくなってきたけど、道は懐中電灯無しでは
 暗くてわからない感じだったな。

【200101:水】+++2020年元旦、物見山へ+++_f0327767_20592935.jpg

 ぼくらは物見山山頂途中の尾根で御来光を眺めた。
 午前7時15分くらいだった。
 気持ちよかったなぁ。
 すごくね。
 元旦だからというより、
 こうして友人と非日常の行動をともにし、
 新鮮な空気と寒さと、身体中を駆け巡る血液を実感してること自体がね。
 生きてる感っていうのかな。

 おそらく70歳を超える年配の一行が御来光前から尾根で待ってたようだ。
 10人以上で新年を迎え御来光を眺めた後乾杯してた。
 
 わずか300mちょっとの高さの里山のいただきだけど、それでも達成感は
 充分ある。
 御来光を見た後に向かった物見山頂上から濃尾平野をぼくらは一望した。
 チャーリーも気に入ってくれたみたいでよかった。

【200101:水】+++2020年元旦、物見山へ+++_f0327767_21000132.jpg

 物見山山頂とサテライトセンターで二度に分けて朝ごはんを食べ、
 お店に戻ってきたのは9時半ごろだった。
 チャーリーとお店で珈琲を飲み、休憩した。
 
 チャーリーは11時に帰って行った。
 ありがとう、チャーリー。
 良い年にしようね。


【200101:水】+++2020年元旦、物見山へ+++_f0327767_12405984.jpg

 ふぁ〜、眠くなってきたぞ〜。




【191231:火】+++2019年大晦日だ+++_f0327767_22220057.jpg
■□
 2019年を一文で表すなら、長くて短くて濃くて薄くて忙しくて疲れる一年だった。
 
 明日になって西暦が一年加えられたからと言って、何かが劇的に変わるわけでは
 ないけれど、節目には違いない。
 節目を利用することは悪いことではない。
 さて、ぼくは何に利用しようかなぁ。 

 とにかく、今年一年本当にお世話になりました。
 ぼくがとても大変だった時、いろんな人に助けてもらいました。
 本当にありがとうございました。

 2019年は様々な意味でぼくにとって忘れ得ぬ年となりました。

 それでは皆さんが良い年を迎えられますように!
 
 さよなら2019。
 

 

 
 

【191230:月】+++晦日・ゴミ出しして昼寝して終わった+++_f0327767_01065772.jpg
■□
 世間は晦日だ。
 きっと大型食料品店はすごい人だ。
 一斉に年末年始の食料品を人々は買い出しに行く。
 それが習慣であり、しきたりであり、当たり前のことであり、
 好きとか嫌いとかそういうことではないことであり、
 その流れに乗らない人は、エイリアンであるとする・・・
 ま、大げさだけど、
 そういう人々の暗黙の了解行動がぼくは怖いんだな。

 毎年同じことを書くけど、
 この年末年始もこの暗黙の了解行動の流れに巻き込まれず、
 普通の生活を送りたいと思ってる。

 そのためにはテレビ番組の鑑賞は厳禁だ。
 手垢のついた言葉だけど、これ以上の洗脳マシーンはないからね。

 あ、ぼくが年末年始お店を休むのは、開けていても
 来る客がいないからであって、来る客がいるなら普段と変わらず
 やるのだけどね。
 クリスマスを一人で過ごす人や帰省せずに年末年始を一人で過ごす人、
 そういう人が普段通りに過ごせる場所、そんな場所になることができたら
 いいなぁと思うのだけど、未だ力不足で年末年始の休業日を設けてるんだよね。
 いつか年末年始も毎週の定休日通りでやれるようにしたいな。

 人混みが嫌いだから、
 正月に初詣も行かない。
 賽銭をして願い事もしない。
 権威的な場所も好きじゃない。

 でも、どんな小さな祠でも、
 手を合わせたい気持ちになったらぼくは手を合わせる。
 ただ手を合わせるだけ。
 願い事もしない。
 無心で手を合わせるだけ。
 全ては気持ちだと思うから。
 気持ちが肝心、なにごとも。

 ということで今年もまた偏屈に磨きがかかったようだね。
 すんません。

 

 
 
 

【191229:日】+++初のグループ展も終わった+++_f0327767_12030683.jpg
■□
 Vousho Coffee Factory 初のグループ展であり、企画展も終わった。
 深夜に及んだ展示準備、あの日からもう1ヶ月ほど経ってるとはとても
 思えない。

 新聞にも写真付きで取り上げてもらえたし、見にきてくれたお客さんから
 今回のBOOK+のコンセプトや展示方法にお褒めの言葉をいただいたりして
 予想外の達成感がぼくにはあった。
 素直にそれは喜びたい。
 やって良かった。

 もちろん反省点や改善点もいくつかあった。
 一番大きな反省点は、作品の形状や大きさが搬入までわからなかったことだ。
 最大サイズ等あらかじめ設定してお願いするべきだった。
 
 来年の12月、2回目の企画グループ展をやりたいと思ってるし、
 すでにそのコンセプトもぼくの頭の中では決めている。
 今回の反省をもとに、準備していきたいね。

 今回のグループ展で売れた作品はほんのわずかだった。
 多くの作家さんに作品を提供してもらったのに、ぼくの力不足で申し訳なかった。
 これはグループ展に限らず個展でもそうだけどね。
 
 年末ということもあって今夜搬出に来てくれたのは、文福リンゴ&パセリの伊藤さん、
 森田朋ちゃん、松永賢さん、そして馬見塚喜康くんだった。
 搬出作業前も後も皆であれこれ話してとても楽しい時間だった。

 今日でとりあえず2019年の営業納め。
 2019年は個人的に本当にいろいろあって、いろんなことを考えさせられたし、
 かつてないほど疲れ果てた年だった。
 それでもやってこれたのは、来てくれる人がいたからだと思う。
 本当に今年もありがとうございました。

 

 

【191228:土】+++イライラすること+++_f0327767_17502142.jpg
■□
 サランラップとかクレラップとか登録商標なんだろうけど
 ああいうラップが時々ぼくをイライラさせる。

 ぼくは無印良品のラップ用ケースを使ってるんだけど、
 なんかの拍子にケースの歯のところから外れ、
 ラップの切れ端がどこかわからなくなることがある。

 そうなるともうお手上げで、落ち着いて10分ほどかけて
 丁寧にめくろうとするのだけど結局のところ、不規則に
 裂けてしまい、最悪の場合捨てることになる。

 世の中でラップを使ってる人はとても多いと思うのだけど
 こういう場合にどうしてるのだろう?と思う。
 ぼくのようにイライラしないのかな?

 イライラすることを一つ一つ無くして行けたら
 青空がより高く青く見える気がするんだよな。

 (追記)
 イライラすること、もう一つ。
 やっと思い出した。
 それは、接着剤の付いた透明ビニール袋。
 CDが入ってたりするやつね。
 あれもとてもイライラする。
 剥がした後が大変。
 またその袋に入れようとすると、糊面が
 薄いビニール面にくっついたりするし、
 入れる時にちょっとエッジが立ったりすると
 簡単にビニールが裂けてしまう。
 プラスティックのケースがある場合はビニールなんて
 無くてもいいけど、プラケースがなくて、
 紙と一緒にビニール袋に入れるタイプは本当に
 困る。
 みんなどうしてるんだろう?ってこれも思う。
 ちなみに、ぼくは初めから諦めて、ビニール袋は
 捨ててしまう。
 その方が精神衛生上良さそうだから・・・なんだけどね。

 
 

【191227:金】+++感動した理由+++_f0327767_21171779.jpg
■□
 ライブに行くのは久しぶりだった。
 ふちふなとEttのライブだった。

 始まりはEttから。
 ぼくは全くの初めてだった。
 丹羽くんから地元名古屋にEttというデュオがいるのは
 教えてもらっていたのだけどね。
 アコースティックギターの音色と女性ボーカルの声色が
 優しい。
 
 そしてふちふなのライブは10年ぶり以上だろうか。

 聞いてるうちに、感動を覚えてきた。
 歌や演奏活動を10年という期間ただ継続してきたというのでなく、
 歌も演奏もパフォーマンスも全てが進化していたからだ。
 精進する・・・というやつだね、きっと。
 えらいなぁと思った。
 そしてすごいなぁと思った。

 職人のように絶妙な間の取り方、立ち居振る舞い、
 そして、ハートに響く歌声。

 最後はふちふなとEttが一緒に数曲歌った。

 とても良い時間を過ごすことができた。
 きっかけをくれた朋ちゃんに感謝。

 ライブハウスの後方にある物販スペースで
 Ettの『三笑』というCDアルバムを買った。
 Ettのお二人にサインをしてもらってね。

 今夜は久しぶりに名古屋らしい寒さの夜だったね。

【191227:金】+++感動した理由+++_f0327767_21174534.jpg

 
 
 

【191226:木】+++明日12月27日(金)の営業は午後6時まで!+++_f0327767_00174693.jpg
■□
 そうなのです。
 明日2019年12月27日(金)は、午後6時で閉店することに。
 Vousho Coffee Factory のホームページやFacebookには告知
 してあるのですが、ネットを利用してない人には伝わりません。
 申し訳ないです。
 せっかく来てくれて、「本日は午後6時で臨時閉店です」と知ったら
 がっかりですからね。
 本当に申し訳ないです。

 その分、しっかり意味ある時間を過ごそうと思っています。
 
 
 

【191225:水】+++街はクリスマスかぁ+++_f0327767_23240921.jpg
■□
 2学期の終業式も終わってるんだね。
 街に出ると子連れの家族やカップルが多い。
 クリスマスだからなんだね。

【191225:水】+++街はクリスマスかぁ+++_f0327767_23243152.jpg

 平日特権として(お店の定休日は火曜&水曜)、どこへ行っても空いてる恩恵を
 得ていたぼくとしては、夏休みや冬休み、春休みは
 正直言ってありがたくないんだな。

 今日はどこへ行っても人が多かったし、交通量も多かったのでその分
 疲れてしまったなぁ。

 壁・・・面白いね。

 
【191225:水】+++街はクリスマスかぁ+++_f0327767_23245198.jpg